2月
14
2011

インターネットでの発言の影響力

インターネット上の掲示板への書き込みが法に触れているために逮捕、インターネットでつぶやいた一言で社会的批判をされる著名人など、インターネットでの発言は本人が思っている以上に多大な影響を人々に及ぼします。それらの問題発言に対し、なぜ黙っていられなかったんだろうか、インターネットでの発言の影響力を過小評価していないだろうか、と疑問を覚えます。インターネットでの発言の影響力は、一体どのくらいなのでしょうか。


インターネットでは、多くの情報を遠方の相手とすばやくやろちりできるメリットがあります。その裏で、その情報を簡単に第三者が覗き見ることができる、漏洩しやすいというデメリットもあります。インターネットを利用して情報をやりとりする私たちは、このデメリットの部分を多くの場合、忘れているのかもしれません。そのため、言いたいことを自由に発言できる便利なツールとして、それが公の場に配信されることを忘れ、モラルのない発言をしてしまうのでしょう。


インターネットでの発言の影響力は、私たちが考えている以上に大きなものです。自分のパソコンを使っているから自分にしか見えないのでもなく、近しい友達にしか見えないように設定しているから友達にしか見えないのでもなく、常に不特定多数の人たちが目にしているものだということを理解して発言しなければなりません。私は有名人ではないから大丈夫、と思わないようにしてください。この掲示板は管理がしっかりされているから大丈夫、と思わないようにしてください。常に、誰の目にも晒される危険があることを肝に銘じ、楽しく正しくインターネットを利用しましょう。